セフレに対する男性と女性の考え方の違い

セフレに対する男性と女性の考え方の違い

「セフレを作りたいけど、現状セフレがいない」という男性はたくさんいるのではないでしょうか。

どうしてセフレが常にいる男性とセフレを作ったことがない男性がいるのでしょうか。

それはセフレに対する男性と女性の考え方の違いを理解してセフレを作ろうとできているかできていないかの違いが大きいです。

女性のセフレに対する考え方を理解することでセフレ作りのハードルが一気に下がります。

男性の場合はセフレは一人ではなく、複数の女性のセフレが欲しいと思うかもしれませんが、女性の場合はそうでないケースが多いです。

セフレを作り方がわかっている男性はセフレ女性は複数名いるのですが、女性の場合はセフレが3名以上いる人は少ないです。

それはどうしてでしょうか?

これは、男性と女性ではエッチに対する考え方や価値観が全く違うことが原因になっています。

ではなぜ男性がセフレを作るのか。

また、なぜ女性が男性のセフレになるのか。

男性が女性のセフレ作りを効率的に行うために考えるべきこと。知っておいて欲しいこと。

これを理解した上でどんな行動を取るべきかは、この辺りを踏まえなければなりません。

このセフレを作る上で大切な話をここではしていきます。

セフレが欲しい男性の一般的なエッチに対する考え方

セフレが欲しい男性の一般的なエッチに対する考え方

一番の目的が女性とセックスをすること

セフレが欲しい男性の一番の目的はセックスをすることです。

ここで女性と大きな違いが出てくるのですが、男性は誰とsexをするかではなく、sex自体をすることが一番の目的になっているんです。

確かにとうなづいている人も多いのではないでしょうか。

つまり、乱暴な言い方をすると相手は誰でもよくて必要なことが性行為。相手は誰でもいいというのがセフレが欲しい男性の一般的なエッチに対する考え方の一つです。

Hをするからといって恋愛感情にならない

男性のセフレを作る際の頭の中は恋愛とはかけ離れています。

セフレが欲しい。セフレを作りたい。

そう思っている時に探している女性は、好みの女性という視点がなくなっています。

とにかく「ヤレそう」な女性です。

後述する予定の女性の考え方と全く違う考え方です。

この辺りがわかっていない男性はセフレを作る際にとても苦労します。

ただ、逆にここがちゃんとわかっていてその考え方で行動ができる男性は割と簡単にセフレが作れます。

セフレが欲しい女性の一般的なエッチに対する考え方

セフレが欲しい女性の一般的なエッチに対する考え方

対してセフレを作ろうと思っている女性のエッチに対する考え方です。ここは男性と大きく違うのでせふれが欲しい男性は特にしっかりと読んでください。

一番の目的があなたと同じ時間を過ごすこと

男性の場合は女性とエッチをすることがセフレを作る一番の目的です。

この場合の女性とはぶっちゃけた話、ある程度生理的に大丈夫な女性であれば誰でもいいのですが、女性の場合は男性であれば誰でもいいというわけではありません。

女性の場合は特定の男性とエッチをしてくて、特定の男性と同じ時間を過ごしたいからセフレを作ります。

だから、女性にとってのセフレとのエッチは彼氏とならエッチしてもいいの感覚に近いセックスであることを理解してください。

あなたとしたいからセフレになっているのであって男性であれば誰でもいいわけではないんです。

セフレであったとして女性として扱って欲しい

女性はセフレを作る際に重要視しているのが女性として扱ってくれていると感じるという点です。

確かに性欲が強い女性でセックスが目的でセフレを作る女性もたくさんいるのですが、男性よりもセフレの相手がより自分の好みでないといけません。

見た目も当然そうですが、男性よりも性格やセックスの相性もとても重視します。

ただし、ここで重要な点はセフレが欲しいと思っていて、まだセフレになっていない状態でどんな男性をセフレにしようとするかという考え方です。

つまり、セフレが欲しい女性の一般的なエッチに対する考え方はセフレ前の段階は

彼氏や彼氏候補、一夜限りの遊び相手に求めているものと全く同じである

ということを認識してください。

男性と違ってセフレは誰でもいいと思っていないんです。

だから、男性が彼女や彼女候補、やりたいと思っている女性に優しくする、気遣いを見せるという様な、女性として扱ってくれているという状態がとても重要なのです。

この「大事にされている感」を相手に与えないとセフレは絶対に作れません。

セフレを探している。一夜限りの相手を探しているとSNSやマッチングアプリなどで発信している女性にもかかわらずセフレにできないというのはこの点を間違えている男性は非常に多いので気をつけましょう。

エッチをした後はエッチをする前よりも相手のことを好きになる

エッチをした後はエッチをする前よりも相手のことを好きになる

この点がセフレを作る上で最も大切な要素の一つなのでしっかりと理解してください。

男性はエッチをしたことによって相手を好きになるということが非常に少ないです。

元々好きな相手だったり、エッチの相性がとてもよくて

「やっぱり付き合いたい」

「もう一回やりたい」

と思うことはあるでしょうが、エッチをしたことが原因でこれまで好きではなかったり、恋愛対象でなかった女性を好きになって付き合いたい!

と思うことはほとんどないんです。

ただ、女性はこの点全くの逆です。

エッチをする前にそこまで好きではなかった相手でも性行為をすることによって相手のことを好きになってしまいます。

ここでさらに皆さんに覚えて欲しいことは女性は1回目のエッチよりも2回目のエッチの方がより相手を好きになります。

だから相手に自分のことを好きにさせる。セフレにさせるにはとにかく1回やる!ということがとても重要なのです。

そして2回目もやらせてもらう様に努力する。2回やれればもうその女性とほぼセフレ関係になれます。

だから1回目のsexは酔った勢いでも構いません。お願いして一回やらせてもらうでも構いません。

どんな手段でも1回やってしまうということが重要です。

女性にとってエッチは相手を好きになるスイッチになり得るのです。

また1回目のエッチでとても大切なことは2回目も嫌じゃないと思わせることです。

自分が気持ち良くなることよりも相手が2回目してもいいかなと思わせることだけに執着してしまえばセフレにするのは簡単です。

ただし、無理矢理嫌がっているのにエッチをするというのはNGです。

レイプまがいのことをして好きになってもらえることがないので、この点は間違えないでください。

無理矢理はもちろん犯罪ですし、そんな犯罪まがいなことをしなくてもセフレはできるので安心してください。

セフレに対する考え方の男性と女性の大きな違い

セフレに対する考え方の男性と女性の大きな違い

セフレに対する一般的な男性と女性の大きな考え方の違いは

”セフレの先に彼氏になる、セフレの関係を超えて付き合うこと”を考えているか否かです。

男性はセフレの先に付き合うと考えている人は少なく、女性はセフレの先に付き合うと考えている人が多いです。

もちろん、男性でも気に入れば付き合うというケースもあるのですが、男性の場合は付き合う可能性があろうが、無かろうがどんな女性でもセフレにすることができるというのが通常の考え方ですが、女性は全くの逆です。

女性は気に入れば付き合うと思わないタイプの男性とセフレになるケースはほぼありません。

ここを考えずにセフレを作りたいと思っている女性をセフレにしようとしても絶対に失敗します。

自分もただ、ヤレるだけの女性を探しているからといって、相手もただヤレるだけの男性を探しているわけではないということを理解してください。

ここの理解が抜けているとあなたは一生セフレを作ることができません。

逆にここをしっかりと理解していて、この考え方をもとに行動できる様になればあなたはセフレつくり放題です。