セフレ女子のセックスに対する考え方からセフレの作り方を考える

セフレ女子のセックスに対する考え方からセフレの作り方を考える

セフレ女子。つまりセフレになりやすい女性というのはセフレ女子の特徴が数多くあります。

それを理解して女性を選べばセフレは割と簡単に作ることができます。

逆にそれを理解しないままセフレを探そうとしてもなかなかセフレを作ることができません。

いろんな特徴の中で今回はセフレ女性を作ろうと思っている男性が最も重要としているところ。

セックスに焦点を置いてお話ししていこうと思います。

どんな女性がセフレになりやすいのかをしっかりと理解してセフレ作りを楽しんでください。

セフレ女子の性行為に対する考え方とは

セフレ女子の性行為に対する考え方とは

セフレ女子の性行為に対する考え方が、セフレにならない一般女性と大きくは違わない。という前提は絶対に忘れてはいけません。

この文章だけを読んで、おいおい、それだとこの記事の意味ないだろうと思った方いると思いますが、慌てないでください。

次の文章がとても大切なので、しっかりと理解してください。

世の中の一般女性のほとんどがセフレになる可能性が高い女性です。

世の中の女性は二通りにしか分かれません。セフレになる可能性が80%以上ある女性とセフレになる可能性が10%以下の女性。

次に気になるセフレになる可能性が80%以上ある女性が世の中にどのくらい存在しているのかということですが、

実は世の中の90%以上の女性はセフレになる可能性があります。

つまり、一般女性のほとんどはセフレになる可能性の方が高い女性ということです。

ではそのセフレ女子(ほぼ全ての女性)がセックスに対してどんな考え方を持っているのか?

「特別な人にだけ許す行為」

この特別な人というのは「彼氏」、「彼氏候補」、「好きな人」だけを指すわけではなく、「セフレ」「セフレ候補」もそこに含まれます。

ではこの特別な人になるにはどうすればいいのか?

ここを考えなければなりません。

男性の間違ったセフレ女子の扱い方

男性の間違ったセフレ女子の扱い方

多くの男性がセフレにできそうだと思ったのに失敗したという経験をしたことがあります。

この失敗がなぜ起こるのかは男性と女性のセックスの考え方の違いによるものが大きいです。

男性の場合は彼女にしたい女性、セフレにしたい女性、1回やりたい女性それぞれに対する考え方が全く違います。

彼女にしたい女性には気遣いをたくさんして、彼女にしたい女性の好みの男性になれる様に、好みの男性に見られる様に努力します。

彼女にする前にセックスをするしないではなく、彼女にしたい女性に好かれるにはどうするのか?

これを考えています。

次にセフレにしたい女性、1回やりたい女性に対しての行動として一番多い行動は

「エロい気分にさせようとする」

この行動がセフレにしようと思っている女性をセフレにできない大きな原因の一つです。

もちろん、セフレにするにはセックスをしなければならないので、その気にさせなければなりません。

ただ、女性がセックスをしてもいいかな。一回だけならいいかな。

と思う時というのは「エロい気分になった」という理由が先行するケースはほとんどありません。

  • 女性がエッチを想像する話をする
  • 女性にボディタッチをする
  • お酒を飲ませて酔わせる

女性がエッチな気分になる時にこういうことをしたらいいよ。

というのは聞いたことがあると思いますが、これはあくまで女性がムラムラしやすくなる方法であって、スイッチが入る方法ではありません。

スイッチが入っていないのにエロくなる方法を女性に対して行ってもこれは意味がありません。

蓋をしているコップに水を入れている様なもので、どれだけ水を入れようとしても、コップに水が入ることはなく、水がどんどん溢れて不快になって行くだけです。

にもかかわらず、男性は「エロい気分にさせる」方法をどんどんやろうとして女性は逆に白けてしまってホテルに行く前に帰ってしまいます。

セフレ女子のセックスの考え方を理解した上でのセフレの作り方のポイント

セフレ女子のセックスの考え方を理解した上でのセフレの作り方のポイント

ではセフレ女子を作るためにどうすればいいのか?

セフレ女子のセックスに対する考え方を踏まえた上でポイントをいくつか紹介します。

まるで彼女にしたいと思っているかの様に振る舞う

1回目のエッチを達成するまでは絶対に彼女にしたいと思っているかの様に振る舞うことが大切です。

男性と違って女性は「この人ならエッチしてもいいかな」と思わなければセックスしてくれません。

だから、最初からセフレ狙いということを悟られてしまうと女性はセフレにはなってくれません。

あたかも彼女にしたいと思ってくれている、女性として興味を持ってくれていると考えてもらわなければなりません。

だから、エロい気分にさせようとするのではなく、セフレにしたい女性の気にいる男性になる様に振る舞ってください。

1回目のsexをなんとか達成する

女性はセックスをした相手の好感度が上がります。

男性はセックスをしたから好きになるというケースは稀です。

ただ、女性はセックスという行為をしただけで相手の男性のことを好きになってしまうという傾向が非常に高いです。

だから、1回目のセックスを許してもらうということがとても重要です。

ただし、エロい気分にさせてセックスに持ち込むのではなく、特別な存在になってセックスを促します。

特別な存在になる方法はエロい気分にさせる方法の真反対にあります。

もし特別な存在になっていると確信したならば、エロい気分にさせる方法は性行為に近づく方法になるのですが、特別な存在になっていない場合は逆効果です。

だから一つ目の彼女にしたいと思っている様に振る舞い続けながら、なんとかsexまで持ち込まなければなりません。

セックスまで持ち込む方法は終電を逃させたり、お酒に酔ってもらったり、1回だけとお願いするでもなんでも構いません。

無理矢理でなければなんでもOKです。

1回目のセックスの目的を間違えない

なんとか女性とホテルに行けた。

男性としてはよっしゃ!と思うと思いますが、この女性をセフレにするにはただエッチを楽しむだけでは不十分です。

もし1回限りでいいと思っているのであればエッチを存分に楽しんでください。

ただ、今一緒にホテルに入った女性をセフレにしたいのであればエッチを楽しむのは2回目以降に取っておいてください。

セフレにしたいと思っている女性との1回目のセックスで大切なことは2回目のセックスの抵抗をなくすということです。

1回目のsexで完全にNGと思われた場合、2回目以降は絶対にありません。

ただ、2回目のsexを終えた後は完全にNGと思われる確率が格段に下がります。

1回目のセックスももちろん大切なのですが、2回目のセックスは女性にとって意味が大きく変わってきます。

女性はセックスに意味を持たせたがる

女性はセックスに意味を持たせたがる

男性はエッチをした直後

やれた!

ラッキー!

気持ちよかったー!

としか考えない生き物ですが、女性は実は違います。
女性はなぜこの男性とセックスをしたのか?
という理由づけが必要になってきます。

1回目は

  • 終電を逃して流れで。
  • 酔ってたから。
  • お願いさせれ仕方なく。

という理由で相手男性とやってしまったと理由づけをします。

もし2回目のエッチもした場合は

  • 前いい人だったから
  • この人に好感を持っているから許した

つまり自分にとって特別な存在だから2回目を許した。
という思考に女性はエッチの理由を持ってきます。

2回目を許した自分の行動を正当化させるためにこの様な思考になっていきます。

だから、2回目を許した女性は3回目以降のsexを許しやすくなります。

もしせフレを作りたいのであれば2回目のsexまでの流れを確実に作れる様になることが非常に大切です。